BURRN! 2月号にマシューのインタビュー掲載

BURRN!2017年2月号にマシューのインタビューが掲載されています。先月再発となったデビューアルバム「Ember To Inferno - Ab Initio」によせて自身のキャリアを振り返っており、なかなか興味深い話題が多く、さわりだけご紹介します。


リリース当時、Lifeforce Recordは十分な配給網を持っておらず「Ember~」も手に入りにくい状態でした。1年後にはRed Distributionという会社が入り配給網も補強されましたが、ちょうどRoadrunner Recordsからの「Ascendancy」のリリース時期と重なってしまい、またも脚光を浴びそびれてしまいます。
そんなことから、マシューは常に「Ember~」を「呪われたアルバム」と思っていたようなところがあったそうです。

2014年、バンドは「Ember To Inferno」の原盤とその権利の買取に成功。誰にでも手に入る形での再発を目指し、2年ほどかけてマネージャと協議を重ねた結果、自主レーベル「Kiichi Chaos LLC」からリリース、配給はCooking Vinyl (日本盤はBeat Records)が担うことになりました。

「Ember~」制作当時、マシューはまだ11年生、初めてTriviumがコピーした曲が(sic)、という話を十数年前に聞いたとき「わっかいな~!」と驚きましたが、今またこのインタビューでそういった話を読み、あらためて驚いています。

また「Trivium」というラテン語のバンド名は、初代シンガーのBrad Lewterが考案したもので、彼が脱退するときにバンドに残していったものだそうです。またキイチ君はTrivium以外の仕事に就いたことがないとも話しており、わかってはいたものの改めて文字で見ると、新鮮な感じがしました。中学で入ったバンドが高校で世界デビューですもんね。
インタビューの最後は、おなじみとなりつつある「一ヶ月くらいジャパンツアーしたい」といったコメントで締めくくられています。一ヶ月、いつでも歓迎です!

古いファンの方には懐かしく、新しいファンの方には新鮮な話題ばかりのインタビュー、機会があればぜひチェックしてください。

余談ながら、今回は、定期購読なのに発送から届くのに6日もかかり・・・ そして次号からB!誌は値上げだそうです。

トリヴィアム 第7弾アルバム「サイレンス・イン・ザ・スノー」リリース!

トリヴィアムの待望の第7弾アルバム「サイレンス・イン・ザ・スノー」がついにリリース!
10/1 夜の11時に一足早く、iTunes Storeからダウンロードできるようになりました。店頭では10/2からです!
Silence In The Snow
パオロが呼びかけていたように、SNSにアルバムの入手報告や感想を投稿される際には #SilenceInTheSnow のハッシュタグをつけていただければと思います!

このアルバムのテーマ「彼らのヒーローであるクラシック・メタルを現代風に解釈」という点を念頭に置きつつ、聴いてみてください!(私はヘドバンしながら頷いております!)
店頭でアルバムを購入される方は、グラインドハウスマガジンも是非入手を!表紙/インタビュー/アルバムレビューと盛りだくさんです!
Grindhouse Magazine vol92

マシューとコリィ 地元でラジオ出演

本日トリヴィアムのキイチ君ことマシューと、キングことコリィの二人が、地元オーランドのラジオに出演し、昨日リリースとなった第3弾シングル「Until the World Goes Cold」の話題など喋ってきました。

http://www.wjrr.com/onair/dickerman-16386/interview-with-matt-and-corey-from-13900077/

Matt and Corey are live on Orlando's 101.1 WJRR - The Rock Station

Matt and Corey are live on Orlando's 101.1 WJRR - The Rock Station

Matt and Corey are live on Orlando's 101.1 WJRR - The Rock Station

Matt and Corey are live on Orlando's 101.1 WJRR - The Rock Station
All photo credits: Trivium (Facebook page)

パオロが選ぶ、最高のギタリスト5人

唐突に更新して恐縮です(苦笑)

パオロが最高のギタリスト5人を挙げて、コメントしています。一部抜粋してみました。
 
Trivium’s Paolo Gregoletto: My All-Time Top 5 Guitarists (原文へのリンク)
Paolo Gregoletto

第5位 Tony Iommi
「自分も時にはすごくいいリフを書くけれど、そのあとトニーのリフを聴いてしまったら、すぐまたラップトップを開いてさっき自分が書いた「いいリフ」を消して、最初からやり直すんだ。」

第4位 John Petrucci
「人間に完璧はありえないけれど、彼は僕が知る中で最も完璧に近いギタリストだ。DTの他のメンバーもそれぞれスゴイけれど、ジョンは僕にとっちゃダントツで最高のオールラウンド・ギタープレイヤーなんだ!」

第3位 Stevie Ray Vaughn
「スティーヴィーのプレイは別次元、まるで神がこの世に遣わした、音楽の何たるかを示すがごとき存在だ。僕が子供の頃にテープが擦り切れるまで聴いたジミヘンが遺した問い『もし今も彼が生きていたら』の答えに最も近い存在がスティーヴィーで、スティーヴィーもまた死後に同じ問いを僕らに遺した。」

第2位 Eddie Van Halen
「学校の行き帰りに聞いたラジオでエディのファンになった。彼のエレキギターに与えたインパクトの大きさは否定しようがないよね。ソロだけじゃなくリフも。彼のスタイルは奇想天外で独特。もし彼と同じくらいの巨大なインパクトを与えるような人が現れるとしたら、たぶん宇宙人じゃないかな。」

第1位 James Hetfield
「完成された演奏、ダウンピッキングとオルタネイト・ピッキングの絶妙な使い分け、とてつもなく悪カッコいいリフが、メタリカの好きなところ。破壊的にヘヴィなリフや、スラッシュ・リフ、フラメンコぽいアコースティック・パート(それも歌いながら!)を、CDでもライブでも変わらずこなすジェイムズの才能たるや、右に並ぶものはいない。そのうえ… “Master of Puppets” だし!」

BURRN! 2014年1月号にTriviumの記事!コラム連載開始!

BURRN! 2014/1イアン・ギランが表紙のBURRN!2014年1月号には、Triviumの記事が盛りだくさんです。
10月20日のLoud Park 13のライブレポート、マシューの単独インタビュー、「こぼれ話」もTriviumの巻!
そしてマシューのコラム「Becoming The Dragon」が連載開始!
プレゼントもありました!
要チェックです!

BURRN! 2014/1