BURRN! 2月号にマシューのインタビュー掲載

BURRN!2017年2月号にマシューのインタビューが掲載されています。先月再発となったデビューアルバム「Ember To Inferno - Ab Initio」によせて自身のキャリアを振り返っており、なかなか興味深い話題が多く、さわりだけご紹介します。


リリース当時、Lifeforce Recordは十分な配給網を持っておらず「Ember~」も手に入りにくい状態でした。1年後にはRed Distributionという会社が入り配給網も補強されましたが、ちょうどRoadrunner Recordsからの「Ascendancy」のリリース時期と重なってしまい、またも脚光を浴びそびれてしまいます。
そんなことから、マシューは常に「Ember~」を「呪われたアルバム」と思っていたようなところがあったそうです。

2014年、バンドは「Ember To Inferno」の原盤とその権利の買取に成功。誰にでも手に入る形での再発を目指し、2年ほどかけてマネージャと協議を重ねた結果、自主レーベル「Kiichi Chaos LLC」からリリース、配給はCooking Vinyl (日本盤はBeat Records)が担うことになりました。

「Ember~」制作当時、マシューはまだ11年生、初めてTriviumがコピーした曲が(sic)、という話を十数年前に聞いたとき「わっかいな~!」と驚きましたが、今またこのインタビューでそういった話を読み、あらためて驚いています。

また「Trivium」というラテン語のバンド名は、初代シンガーのBrad Lewterが考案したもので、彼が脱退するときにバンドに残していったものだそうです。またキイチ君はTrivium以外の仕事に就いたことがないとも話しており、わかってはいたものの改めて文字で見ると、新鮮な感じがしました。中学で入ったバンドが高校で世界デビューですもんね。
インタビューの最後は、おなじみとなりつつある「一ヶ月くらいジャパンツアーしたい」といったコメントで締めくくられています。一ヶ月、いつでも歓迎です!

古いファンの方には懐かしく、新しいファンの方には新鮮な話題ばかりのインタビュー、機会があればぜひチェックしてください。

余談ながら、今回は、定期購読なのに発送から届くのに6日もかかり・・・ そして次号からB!誌は値上げだそうです。

「サイレンス・イン・ザ・スノー」よりシングル続々!

2015/10/2 世界同時発売予定のトリヴィアム第七弾アルバム「サイレンス・イン・ザ・スノー」より、このところ次々にシングル曲が発表になっています。今回はすべての曲に映像が用意されていてうれしいですね。第三弾までをまとめます。
歌詞は曲ごとに別記事に掲載しています。 “「サイレンス・イン・ザ・スノー」よりシングル続々!”の続きを読む

マシューとコリィ 地元でラジオ出演

本日トリヴィアムのキイチ君ことマシューと、キングことコリィの二人が、地元オーランドのラジオに出演し、昨日リリースとなった第3弾シングル「Until the World Goes Cold」の話題など喋ってきました。

http://www.wjrr.com/onair/dickerman-16386/interview-with-matt-and-corey-from-13900077/

Matt and Corey are live on Orlando's 101.1 WJRR - The Rock Station

Matt and Corey are live on Orlando's 101.1 WJRR - The Rock Station

Matt and Corey are live on Orlando's 101.1 WJRR - The Rock Station

Matt and Corey are live on Orlando's 101.1 WJRR - The Rock Station
All photo credits: Trivium (Facebook page)

新曲リリースにあたり、マシューからのコメント

TriviumのFacebookページにキイチ君からコメントが投稿されていましたので、訳してお伝えします。
ファンのコメントの間に混ざっての登場でした。
なかなか辛辣な部分もありますが、胸を張ってまっすぐ自分の意見を言う姿はキイチ君らしいと思います。

やあみんな!このリリースにワクワクしているよ!みんなの疑問に答えよう。この曲はもともと「Shogun」のために書かれたんだ。基本的に当時のままだから、「Shogun」ファンのみんなは喜んで!「Shogun」好きじゃなかった?じゃあこの曲も好きじゃないかもね。

だけどこれは知っておいて。僕は12歳の頃から、優れたシンガーになりたいと思っていた。でも歌えなかったから叫んでいた。とうとう好きなことを好きなようにできるようになった自分を誇りに思うし、胸が高鳴る思いだ。

気に入らないって?僕らの古い曲だってまだまだ現役。古い方が好き?それは素晴らしい。僕はどっちのファンも好きだよ、どっちだって気にしない。

元気でね。
君たちみんな最高!

MKH

MKH comment 2

– – – –

スクリームは簡単だ。歌うことは難しい。僕はいつも難しいことの方に惹かれる。もし僕らの古い曲が好きなのなら、古い曲を聴いてくれ。曲はまだそこにあるし、僕らもライブでまだプレイしている。

僕らは常に進化したいと思っているし、成したいことは成したい。他のバンドもみんなそうだ、とは言えないはず。たいていは人が望みそうなことや、人から言われたことをするものだ。僕らは毎回、僕らのやりたいことをやっている。そして世界中の僕らのサポーターを愛している。

MKH

MKH comment 1

新旧並べてみました:
2005年、この曲に度肝を抜かれて早10年。今でもこの曲をとても大切に思っている方も多いのでは。

 
2015年、最新のトリヴィアム。何もかもが別次元に進化!熱いものさえこみあげてきます…。

Happy 28th Birthday, Matt!

1月26日はマシューの28歳の誕生日です。おめでとう!
先日実家ではスキヤキ、昨日は奥様とお寿司と、日本食びいきなキイチ君らしいお祝いをしたようです。
今年はBURRN!誌で彼のコラムの連載が始まり、毎月我々日本のファンに向けて語られる言葉に触れる機会ができました。次の彼の誕生日までには、待望のジャパンツアーが実現してくれると最高です!

間もなく始まるUK〜欧州ツアーの様子が伝わってくるのも楽しみにしています。
Happy Birthday Matthew!