Matt Heafy: The Epiphone Interview 拙訳

今年の夏のフェスツアーでお目見えしたキイチ君の新しいシグネチャーモデル、眩しいほどに真っ白な『Snøfall』が2017年11月上旬に発売となります。製造元のエピフォンに掲載された紹介記事の中から、彼のインタビュー部分を抜き出し和訳しました。ギターの詳細画像や仕様については原文掲載のEpiphoneのサイトをご覧ください。

(以下 拙訳)
エピフォン・シグネチャー・アーティストであるトリヴィアムのマット・ヒーフィーが、新たなリミテッド・エディション “Snøfall レスポール・カスタム6弦・7弦モデル” をたずさえ戻ってきた。これは彼のカスタマイズ・レスポールシリーズの第二弾であり、高い評価を受けたトリヴィアムのアルバム「サイレンス・イン・ザ・スノー(以下SITS)」にインスパイアされたものである。今回もまた彼によって、クラシックなレスポール・カスタムのデザインに、アルパインホワイトグロスフィニッシュ、フェノリック・フィンガーボード、そしてEMGアクティブ・ピックアップ、という新しい工夫が持ち込まれた。加えて、6弦・7弦双方のリミテッドエディション・Snøfall レスポール・カスタムには、プレミアム・ギグバッグと直筆サイン入りの認定証がつく。(以下、ギターの仕様に関する部分は割愛)

マット「これらのギターのアイデアのはじまりは、SITSのビデオ制作中にさかのぼる。オリジナルのMKHプロトタイプを持っていて、何かドラマチックなことをしたかったんだ。そこで「サインレス・イン・ザ・スノー」にちなんで、ギター全体に真っ白なペイントを施すことにした。すごくカッコいいと思ったよ。
そのことをジム(エピフォン社長)に話したら、塗装の仕方を変えれば実現できるかもしれない、ということになったんだ。3ヶ月ほど前にジムから「君の家にギターを送ったから。」と突然電話があったんだ。そしてこの新しいMKHカラーを目にして、ほんとに感激したよ。これは是非とも製品化しなきゃ!ってことでそちらは内密に進めつつ、レコーディングではもう使っていたんだ。他のギターは一切使わず、エピフォン・MKHモデルだけを使ったんだ。それからその真っ白なギターをツアーに持って行ったんで、相当前のめりだったよね!とにかく待ちきれなかったんだ。真っ白なギターを取り出したとき、キッズたちは本当にワクワクしている様子だったよ。」

SITSのツアー中、ファンはマットの新しいギターを先行して見ることが出来ただけでなく、ファンクラブのメンバーは次のアルバム”ザ・シン・アンド・ザ・センテンス(以下TSATS)”(2017.10.20世界同時発売)のプレ・バージョンを聴く機会にも恵まれたという。
「ツアーを見にやってきたトリヴィアムのファンクラブ(日本やポルトガル)に向け、新譜のプレビューをやったんだ。サウンドチェックで演奏して感想を聞いたりもした。だから8~9ヶ月前には、ラフなバージョンだけど新曲を聴く機会があった人がいた。そして僕らはいい方向へ向かっているという感触を、彼らから得ていたんだ。」

「長年の間、バンドメンバーが誰でもアレンジに貢献できるオープンな環境で、トリヴィアムは成長してきた。実際のところTSATSの曲は、もっとも早いものだとSITSが出る前から書き始めていたんだ。それがここ数枚のアルバムでやってきた、俺たちなりのやり方みたいなものだ。レコードをリリースし、次の制作にとりかかる。言われてやっているわけでも、そうしなければと思っているわけでもなく、ただそういう気持ちになるんだ。SITSは大好きだけど、トリヴィアムのホントに一番端っこに着地したような作品だよね。」

「思いに導かれていると、とても上手くいくんだ。作曲の決まったやり方もなければ、色を付けてくれるプロ集団がついているわけでもないよ。新譜に着手するということは、それはトリヴィアム史上最高のレコードにしなきゃいけないと言ってきたし、でなけりゃ何のために作るんだ?過去最高のレコードを作らずして生き残れるというの?最高のモノが出来ているかがとにかく重要なんだ。」

「トリヴィアムのレコードを1枚渡して「これがトリヴィアムの音楽だよ」というのは難しい。毎回少しずつ違うアルバムを作ろうとしているんだ。でもTSATSは、これまで僕らがやってきたこと全部を一旦まとめるのにちょうどいいかもしれない。7枚のアルバムのサマリーみたいなものだね。これならトリヴィアムを知らない人や、古いファンの人に「これが僕たちの音楽だ」って渡せる気がするよ。」(以上)

トリヴィアムの最新アルバム「The Sin And The Sentence」は2017年10月20日 世界同時発売!

ザ・シン・アンド・ザ・センテンス 日本盤はボーナストラック入り!

公式サイトから、Tシャツ付ボックスセットを輸入したい!という方は、こちら!
(画像をクリック)

ボックスセットには含まれないアナログ盤、パーカー、柄違いのTシャツなども公式サイトから!
アナログ盤
パーカー
Tシャツ

BURRN! 2月号にマシューのインタビュー掲載

BURRN!2017年2月号にマシューのインタビューが掲載されています。先月再発となったデビューアルバム「Ember To Inferno - Ab Initio」によせて自身のキャリアを振り返っており、なかなか興味深い話題が多く、さわりだけご紹介します。



“BURRN! 2月号にマシューのインタビュー掲載” の続きを読む

「サイレンス・イン・ザ・スノー」よりシングル続々!

2015/10/2 世界同時発売予定のトリヴィアム第七弾アルバム「サイレンス・イン・ザ・スノー」より、このところ次々にシングル曲が発表になっています。今回はすべての曲に映像が用意されていてうれしいですね。第三弾までをまとめます。
歌詞は曲ごとに別記事に掲載しています。 “「サイレンス・イン・ザ・スノー」よりシングル続々!” の続きを読む

マシューとコリィ 地元でラジオ出演

本日トリヴィアムのキイチ君ことマシューと、キングことコリィの二人が、地元オーランドのラジオに出演し、昨日リリースとなった第3弾シングル「Until the World Goes Cold」の話題など喋ってきました。

http://www.wjrr.com/onair/dickerman-16386/interview-with-matt-and-corey-from-13900077/

Matt and Corey are live on Orlando's 101.1 WJRR - The Rock Station

Matt and Corey are live on Orlando's 101.1 WJRR - The Rock Station

Matt and Corey are live on Orlando's 101.1 WJRR - The Rock Station

Matt and Corey are live on Orlando's 101.1 WJRR - The Rock Station
All photo credits: Trivium (Facebook page)

新曲リリースにあたり、マシューからのコメント

TriviumのFacebookページにキイチ君からコメントが投稿されていましたので、訳してお伝えします。
ファンのコメントの間に混ざっての登場でした。
なかなか辛辣な部分もありますが、胸を張ってまっすぐ自分の意見を言う姿はキイチ君らしいと思います。

やあみんな!このリリースにワクワクしているよ!みんなの疑問に答えよう。この曲はもともと「Shogun」のために書かれたんだ。基本的に当時のままだから、「Shogun」ファンのみんなは喜んで!「Shogun」好きじゃなかった?じゃあこの曲も好きじゃないかもね。

だけどこれは知っておいて。僕は12歳の頃から、優れたシンガーになりたいと思っていた。でも歌えなかったから叫んでいた。とうとう好きなことを好きなようにできるようになった自分を誇りに思うし、胸が高鳴る思いだ。

気に入らないって?僕らの古い曲だってまだまだ現役。古い方が好き?それは素晴らしい。僕はどっちのファンも好きだよ、どっちだって気にしない。

元気でね。
君たちみんな最高!

MKH

MKH comment 2

– – – –

スクリームは簡単だ。歌うことは難しい。僕はいつも難しいことの方に惹かれる。もし僕らの古い曲が好きなのなら、古い曲を聴いてくれ。曲はまだそこにあるし、僕らもライブでまだプレイしている。

僕らは常に進化したいと思っているし、成したいことは成したい。他のバンドもみんなそうだ、とは言えないはず。たいていは人が望みそうなことや、人から言われたことをするものだ。僕らは毎回、僕らのやりたいことをやっている。そして世界中の僕らのサポーターを愛している。

MKH

MKH comment 1

新旧並べてみました:
2005年、この曲に度肝を抜かれて早10年。今でもこの曲をとても大切に思っている方も多いのでは。

 
2015年、最新のトリヴィアム。何もかもが別次元に進化!熱いものさえこみあげてきます…。